updated 2018-10-15
  〒819-1313 福岡県糸島市志摩稲留4-1
tel:092-327-5139

建築会社の選び方

 
家づくりの良し悪しは、依頼する建築会社によって大きく差ができます。しかし、たくさんある建築会社の中から良い建築会社を選ぶことは大変な作業です。ここでは、【接客】と【建物】から本当に信頼できる建築会社を簡単に見極めるチェックポイントをお伝えします。
 

接客での見極め方

過去に建てた家のオーナー様に直接話を聞けるか

担当への質問で「今まで建てたオーナーさんに直接お話を聞くことはできますか?」と尋ねてみてください。この質問で50%以上は良い建築会社かどうか見極めができます。住宅建築の業界は、実は「クレーム業界」とも言われているほど苦情が多い業界です。(クレームというと大変失礼ですが、ここではそのままの言葉を使っています。ご了承ください。)そんな業界なので、「家が完成したら、なるべくその家には近づきたくない」と思う建築会社は多々あります。
逆に、良い業者はクレームにも誠実に対応し、アフターメンテナンスもきちんとおこなって、お客様としっかりコミュニケーションがとれています。
家は一生ものの買い物です。建てて終わりではありません。むしろ建物が完成してからが長い付き合いになります。これから家づくりを始める方は、まずこの質問をして、実際にオーナー様の話を聞いてみてください。
 

契約を急がせようとしていないか

「この価格で、会社の稟議が通りました」「この価格は、今月までの契約が条件になります」なんて言い方をされたら要注意です。こんな言い方をする建築会社は、建物の質よりも、売上げを重要視している会社です。特に売上を重視している建築会社の営業マンはノルマ達成に必死です。本来、建物の場合、注文してから建てることが多いので、建てる側からしたら急ぐ必要がありません。
稀なケースですが、材料や設備機器などの資材が入らなくなる可能性がある場合は、急いで契約した方が良いこともあります。しかし、この場合、資材を確保できなくなるということは、建築会社の体力や信用力、調達力が無い場合が多いです。納期(いつまでに契約)決定には、色々と理由がありますが、その理由が対外的なこと以外はあまり信用しない方が得策だと言えます。
対外的とは?

  • 消費税が上がる
  • 国からの建築補助金が今月まで

などです。
ただし、土地は世界に1つしかありませんので、 早く契約しなければならない場面が多々あります。
 

建物(現物)での見極め方

建 設中の家を快く案内してくれるか


プロでも完成した家の良し悪しを見極めることは非常に難しいです。それは、完成した建物の下地(中身)は表からは全く分からないからです。あえて見るとしたら…
<外観>
  • 外装部とサッシとのコーキング処理はきちんとできているか
  • 換気扇やエアコンの配管等の取付位置が建物のメインとなる面にきていないか

<内観>

  • 壁や天井との入り隅に隙間がないか
  • 笠木(かさぎ)、巾木(はばき)などの出隅(ですみ)、入り隅(いりすみ)等の納め方に隙間がないか(特につなぎ目に要注意)

やはり、見えるところは、どの建築会社も綺麗に仕上げますから、表面的に見て全てを把握することは至難の業です。ですから、建築中の家や現場の状況、雰囲気を見ることは非常に大切です。
 

整理・整頓・清掃(3S)が徹底されているか

もし、材料や職人さんの腕の良し悪しまではわからないとしても、現場の掃除が行き届いているかはわかります。整理整頓や掃除が徹底されているかは、その建築会社がどれだけ現場に力を入れているかの判断基準になります。
 

職人の挨拶・身だしなみ・タバコの処理は良いか

職人といえども現場での挨拶や身だしなみや基本です。また、木材を扱う現場において、タバコの処理は最重要のチェック項目です。もし、喫煙スペース以外でタバコを吸っていることがあれば現場管理が行き届いていない可能性があります。