updated 2018-05-17
  〒819-1313 福岡県糸島市志摩稲留4-1
tel:092-327-5139

窓・ドアの性能

 

サッシの断熱性

 
高性能住宅では特に窓(サッシ)の性能が重要になります。
高性能住宅の場合、建物外皮の断熱性が高いので、壁からの熱の移動よりも、窓からの熱の移動が一番大きくなります。
熱の移動が少ないペアガラスサッシを使用し、サッシ枠部分でも熱の移動が少ない「高性能サッシ」を使用しなければなりません。
もし、ペアガラスを使いガラス部分の結露がなかったとしても、通常のアルミサッシ枠を使った窓だと、サッシ枠部分で結露を引き起こします。
 
棟生工務店では、サッシ枠部分の結露を防止する為、サッシ枠が樹脂でできた「樹脂サッシ」やアルミと樹脂の「複合サッシ」や、
断熱性に優れ・夏の日射を反射させ・UVカット機能により紫外線を防ぐ「遮熱高断熱複層ガラス」を使用しています。
 
気密が最も損なわれるのがサッシですので、高い気密性能も兼ね備えた高性能サッシを選定することが重要です。

 
 
 
 

 

樹脂サッシの主な材料は、塩化ビニール樹脂。樹脂は、熱伝導率が低いという特徴があります。熱を伝えやすいアルミに比べ、熱伝導率が1000分の1という優れた断熱性によって、結露が生じにくく、カビやダニの発生を防ぐというメリットもあります。塩害にも強く、劣化しにくいためメンテナンスが楽です。
 
また、複層ガラスや高断熱複層ガラスなどとの組み合わせによって、開口部である窓として、高い断熱性があります。
 
さらに、溶着加工で成型されたサッシの構造も特徴です。メーカーや商品によって詳細は異なりますが、通常、断熱性能を高めるために樹脂サッシの内部は中空層を多く持つ構造となっています。いくつもの空間があるため、熱の出入りが難しいという仕組み。また、気密性も高く、すきま風や冷気の侵入を防ぐことも可能です。音も出入りしにくいため、複層ガラスなどを用いることで、高い遮音性能もあります。